アンテナ工事って、どこにお願いしたらいい?

新築戸建を建てる時、建て替えの時、災害によるアンテナの破損や、急なアンテナのトラブル。
どうしよう?!どこに依頼をしたらいいのだろう?!
たくさんありますし、迷われると思います。そんな時は地域密着でしっかり対応してくれる会社、
安心できる業者をお選びください。
サンケイデンキは埼玉県川口市の商工会議所会員で、親切・丁寧・安心できる電気工事会社です。
工事実績も豊富。ひとつひとつのお問い合わせに丁寧にお答え致します。
お気軽にご相談くださいませ。
 
2003年から導入が開始され、2011年には完全に以降された地上デジタル放送。
地上デジタル放送を見るためのアンテナは「UHFアンテナ」といい、300Mhz〜3GHzまでの電波を受信できるものを指します。
アナログ時代と比べて、地デジ用のアンテナは高い周波数の電波を拾うという特徴があります。
そんなUHF地デジアンテナですが、大きくわけて2つの種類があります。

八木式アンテナ

八木式アンテナとは、一般的に屋根の上に取り付けられる魚の骨のような形をしたアンテナのことです。
受信性能は最も高く、安定して電波を受信してくれるのが最大のメリットです。
ブースターがなくても、しっかりと電波を受信します。
デメリットとしては、災害時などには弱いということ。台風で倒れたりすると、すぐに修復が難しい場合もあります。

デザインアンテナ

薄い箱型で、八木式のアンテナよりも目立ちにくく近年普及しています。
外壁に取り付けられるため、また、色も壁の色と合ったものを選べるため建物の美観を損なうことなく設置することができます。
受信感度は八木式アンテナよりやや劣ると言われていますが、ほとんどの地域では問題なく受信しております。
ブースターが必要な場合もございますので、詳しくはお問い合わせくださいませ。

 

工事のタイプ

地上デジタルのアンテナ工事以外にも、BSやCSのアンテナ工事もお受けしております。
お気軽にご相談ください!

地デジのみ

地デジ

地デジ

お問い合わせはこちら

お問い合わせ